生理痛 緩和

生理痛を緩和させるには

みなさん、つらい生理痛をどうしていますか。我慢しているのもつらいので、ネットでしらべてみました。

 

そうしたら、よさそうな方法が3つありました。

 

ひとつは低用量ピルを飲む方法。

 

もうひとつは鎮痛剤を飲む方法

 

最後はサプリメントを飲む方法です。

低用量ピルを飲む方法

生理痛を緩和させるには低用量ピルを飲むのがいいようです。

 

低用量ピルは病院で処方してもらうことができますが、
ネットで購入することができます。

 

低用量ピルにはいろいろ種類がありますが、人気はトリキュラーのようです。
トリキュラーの評判はこちらで確認したらいいと思います。
300件近くの口コミがあります。

 

口コミはこんな感じです。
1、生理痛が軽くなった。
2、病院で処方してもらうより安い (1シート 1080円の300円引き、送料無料)
3、発送が迅速、注文受付、手続き開始、発送完了時にメールが届く。荷物は1週間程度で届く

 

※トリキュラーの購入は個人輸入になります。使用も自己責任になります。
 初めての方はネットで購入せずに、まずは病院に行って、処方の仕方などを教えてもらたほうがいいと思います。

 

 

 

 

鎮痛剤を飲む方法

次に多いのが鎮痛剤を飲む方法です。

 

痛みを抑える力が強い順は

 

1、ボルタレンサポ (ボルタレン座薬)
2、ロキソニン
3、バファリン、イブA錠、ナロンエースなど

 

サプリメントを飲む方法

生理痛を緩和させるサプリメントにハーブらびがあります。
6つのハーブの力で生理痛を緩和させるそうです。

 

その6つのハーブとはジンジャー(生姜ですね)、ホワイトウィロー、ローズヒップ、バレリアン、カモミール、パッションフラワー

 

ジンジャー(生姜):新陳代謝、冷え性
ホワイトウィロー(西洋シロヤナギ):鎮痛、解熱、抗炎症
ローズヒップ(バラの果実):ビタミンCはレモンの20倍
バレリアン(セイヨウカノコソウ):安眠の促進
カモミール:健胃剤・発汗剤・消炎剤・婦人病の薬
パッションフラワー:不安、睡眠障害

 

この6個のハーブですが、いわゆる薬草ですね。昔の薬なので体にじっくり効いてくれそうに思います。

 

薬の副作用が苦手という方、この生理痛を緩和させるサプリメントがおすすめです。